卒業論文要旨

UAVを用いた災害時救援情報配信

大野 厚志 (2019年2月)

現代において、通信ネットワークは生活や産業などの重要な経済基盤となっている。災害時には通信ネットワークも被害をうけ、被災地では通信が出来ない状況に陥ることも少なくない。緊急を要する事態での情報・他者との連絡は必要不可欠であり、被災地の通信環境の復旧や被災者に避難情報を届けるなどの迅速な対応が求められる。

しかし、災害時には交通網が寸断されていることが多く、陸上からの状況把握や復旧を迅速に行うことが出来ない。そこで近年、空からの状況把握や復旧に向けてドローンに代表される無人飛行機Unmanned Aerial Vehicle(UAV)の活用が注目されている。UAVは無人かつ小型であることから、ヘリコプターでは近づけなかったような危険な場所や複雑な地形での飛行を可能にし、通信機器を搭載することでUAVによるデータの収集および遠隔地への送信を可能とする。このような特徴をUAVは持っているため、災害時における状況確認や捜査活動、通信の復旧への活用に期待が高まっており、UAVの災害活用を目的とした研究が世界各国で進められている。

しかし、UAVを活用する研究の多くが被災状況の映像取得による救助支援への活用であった。また、通信の観点からは現状は応急的な回線復旧への活用ばかりであり、迅速な情報配信に向けた UAV活用の研究事例はない。そこで本研究では緊急時において避難情報や救援情報を予めUAVに持たせることで、UAVが直接情報を配信することを可能とし、UAVによる被災地での迅速な避難情報の配信、および被災者の要求に応じた情報の配信を目的とする飛行サーバを提案した。