卒業論文要旨

位置情報を考慮したP2Pストリーミングの最適化

菅原 大和 (2018年2月)

インターネットが普及して以来、マルチメディアコンテンツは人気が高まっており、その配信方式の1つにライブストリーミングがある。配信方式にはClient/Server(C/S)型とPeer-to-Peer(P2P)型の2種類があるが、C/S型のライブストリーミングシステムは、ユーザ数に比例して配信元サーバへの負荷集中やコストの増大といった問題がある。そのため、これらを解決するP2Pライブストリーミングが注目され、プロトコルやアプリケーション、サービス等様々な技術が開発されてきた。しかし、課題はまだ残っており、その1つにP2P型の配信ネットワークを構築する際に、参加するユーザの地理的な情報が考慮されていない点が挙げられる。ユーザの地理情報を考慮していない配信ネットワークでは、データ転送の遅延やトラフィックの増加が問題となる。

そこで、本研究では、ユーザの地理情報(位置情報)を考慮した配信ネットワークを構築し、データ転送のトラフィックと遅延の最適化を目的とした。目的の達成にあたり、既存のCDN技術で用いられている、ユーザの地理情報を考慮して配信ネットワークを構築する点に注目した。これを拡張することで、ユーザの地理情報を考慮した配信ネットワークを構築した。また、本研究で構築する配信ネットワークでは、関連研究で提案されている、ネットワーク構造(トポロジ)を動的にバランス化する動的再構成の手法を取り入れる。これにより、トポロジが頻繁に変化する P2P ネットワーク上でも、提案手法が有効であることを示す。

提案手法の有効性を確認するため、計算機上で擬似的なライブストリーミングをシミュレーションすることで実験評価を行った。実験の結果より、ユーザの地理情報 (位置情報) を考慮して配信ネットワークを構築することで配信ネットワーク全体の遅延を低減できることを確認した。