卒業論文要旨

アンサンブル学習によるIDS間協調の設計

小村 武 (2021年2月)

近年のネットワーク技術の発展は目覚ましく、その中でもクラウドコンピューティングの技術は広く普及してきているが、その中でクラウドサーバに対する負荷の増大が問題となっている。この問題に対応するためにEdge/fog Computingといった技術が登場したが、動作において複数のサーバを連携させるため、それら個々のIDSについても連携をする必要がある。そういった中で、協調型IDSというものについての研究事例が増えてきている。

協調型IDSでは、個々のIDSで学習した結果を何らかの形で共有・統合させていく必要がある。そこで本研究では、共有・統合の方法にアンサンブル学習を用いた方法について、複数の案から比較・検討を行いながら設計を行った。